2017年8月9日
決算

資生堂/しわ改善クリーム・高級化粧品が好調、通期予想を上方修正

資生堂が2017年12月期第2四半期の連結決算は、売上高4721億900万円(前年同期比14.5%増)、営業利益346億7100万円(73.9%増)、経常利益341億9700万円(86.5%増)、純利益188億500万円(23.2%減)だった。

日本事業はしわを改善する「エリクシール」美容濃密リンクルクリームのヒットや中国からの顧客に対する積極的なボーダレスマーケティングの実施により拡大するインバウンド需要を着実に獲得したことなどから、増収増益。

中国事業は、「SHISEIDO」、「クレ・ド・ポー ボーテ」、「イプサ」などのプレステージブランドが高成長を維持し増収増益を計上した。アジアパシフィックも「クレ・ド・ポー ボーテ」や「NARS」などのプレステージブランドが大きく成長し、国ごとに異なるし好や生活習慣に合わせたマーケティングを強化している「SENKA」を中心としたパーソナルケアブランドも寄与し、増収増益だった。欧州事業は既存ブランドが健闘したものの、マーケティング投資の強化で営業損失を拡大した。

また、期純利益は、前期に知的財産権の譲渡益や工場跡地の売却益を特別利益に計上したことに加え、今期に一部商品の自主回収に関わる特別損失を計上したことなどが影響し、前年比23.2%減の 188億円となった。

第2四半期連結累計期間の実績を踏まえ、通期予想を上方修正する。

2017年12月通期の連結決算は、売上高が前回予想比250億円増の9650億円(前期比%13.5%増)、営業利益は105億円増の560億円(52.3%増)、経常利益が95億円増の550億円(47.9%増)、純利益は65億円増の325億円(1.2%増)を予想している。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年8月23日
ネスレ ヘルスサイエンス/サプリドリンクで消費者向け市場に本格参入
ファンケル/ダイドードリンコと共同開発「大人のカロリミット 玉露仕立て緑茶プラス」
宝酒造/人工甘味料不使用のすっきりとした甘さ「NIPPON MIX 香る桜&柚子」
フジパン/「アンパンマン」シリーズをイーストフード・乳化剤不使用に
サントリースピリッツ/ウイスキー部、リキュール・スピリッツ・焼酎部に名称変更
サントリー/冬季限定「-196℃ 冬のみかん・冬の柚子」
ロッテ/ほくほくとした栗の味わいが楽しめる「紗々 深黄ぐり」
衣料用洗剤 売上ランキング/2017年7月、「花王 ワイドハイター EXパワー」が1位
デザート・ヨーグルト 売上ランキング/2017年7月、「明治 ブルガリアヨーグルト」が1位
菓子 売上ランキング/2017年7月、「亀田製菓 亀田の柿の種」が1位
サントリー/「スターバックス ミントチョコレート WITH チョコレートプディング」発売
コカ・コーラ/振らないと飲めない炭酸ゼリー「ファンタ ふるふるシェイカー」
永谷園/ビタミンE配合「生姜をたっぷり食べるスープ」
日清食品/花椒と唐辛子の刺激「行列のできる店のラーメン 麻辣担々麺」
花王/コンカーの経費精算サービスConcur Expense導入
リプトン/カフェイン0のハーブティーシリーズ「ヘルシースタイル」
マルサンアイ/タニタカフェ監修「オーガニック調製豆乳・無調整豆乳」
サッポロ/「ポリフェノールでおいしさアップの赤ワイン 特濃プレミアム」発売
キリン「旅する氷結」/高橋一生さんの旅するコールの最終回はヴェネツィアから
キリン/ディズニーデザインラベル「トロピカーナ 100% グレープブレンド」
ロッテ/梅の花監修のキャンディ「小梅のおもたせ・小彩のおもたせ」
ミンティア/ハロウィンの写真を簡単に加工できるアプリ公開
クラシエ/お風呂上りの保湿がいらないボディウォッシュ「ラメランス」
マンダム/「美女と野獣」のベルをイメージしたボディミルク
J&J/アルガンオイル配合「ニュートロジーナ インテンスリペアボディオイル」
メイクアップ化粧品 売上ランキング/2017年7月、「花王 プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止ベース」が1位
パン・シリアル類 売上ランキング/2017年7月、「パスコ 超熟 食パン」が1位
麺類 売上ランキング/2017年7月、「揖保の糸 手延素麺 上級品」が1位
日清食品/お湯を入れて待つだけ「焼そばU.F.O.湯切りなし あんかけ中華風焼そば」
日清食品/ファストフード和食を提案「日本めし スキヤキ牛めし」