2017年7月13日
経営

アサヒ/OAヘルプデスク業務にAIを導入

アサヒグループホールディングスは7月14日、社内のOAヘルプデスク業務にAI(人工知能)を活用した新システム「AIヘルプデスク」を導入する。

<「AIヘルプデスク」画面イメージ>

アサヒグループ全社で活用する社内のOAヘルプデスクの利用者の問合せに対し、AIが24時間365日自動応答することで、応答率の向上、利用者の利便性、ヘルプデスクの業務を効率化し対応時間を削減するシステム。

具体的には、これまで社員が電話で問合せていたOA関連の質問内容(システム・ITツールの使い方や、OA機器の不具合対応依頼など)を、PCやスマートフォンの画面に文字入力すれば、AIが質問の意図を解釈し、利用者とチャット形式で会話し、適した回答を表示するというもの。

必要に応じて動画によりシステムの操作手順を表示するなど、さらなる利便性向上も図る。ヘルプデスクでは2003年からの問合せ対応ノウハウとデータ(質問と回答)を蓄積しており、この中から抽出したデータを事前にAIに学習させることで、利用者の問合せ内容を認識し、適切な回答を導きだすことを実現した。

アサヒグループでは現在約300のシステム・ITツールを使用しており、それらに関連する問合せ件数は年間約7万2000件となっている。現在の電話対応でのヘルプデスクは、8回線でオペレータが交代制で8時から20時まで対応しているが、2016年の応答は半数の約3万6000件に留まっている。

「AIヘルプデスク」を導入し、電話対応と併用することにより、2017年10月には応答率を70%に引き上げることを目指す。

対象とするシステムは、当初は「Office365」関連のシステムだけだが、2017年10月よりアサヒグループオリジナルのシステムに拡大。さらに、「AIヘルプデスク」で培うノウハウを活かし、2018年以降順次、総務や人事、経理、営業部門など他の業務領域にAI技術を展開し、社内外からの問合せ業務の効率化を図る。問合せ業務に対応する時間が削減されることで、それらの部門が本来取り組むべき業務内容の質を高める。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年7月21日
味の素/フランスの冷凍食品会社を買収
資生堂/専科、ベネフィークなどボディー用洗浄料を自主回収
資生堂/「HAKU」保湿&美白ケアできるジェル状化粧水とオイル
資生堂/「マキアージュ」から眉の印象を変化させるアイブローパレット
ヤプリ/「イソジン」公式アプリ開発、感染症情報をいち早くチェック
キッコーマン/煮物が短時間でできる「うちのごはん 煮込み料理の素」
キッコーマン/白いごはんに合う「うちのごはん おそうざいの素 白菜豚キムチ」
カルビー/ビールやチューハイに良く合う「かっぱえびせん ゆず胡椒味」
クラシエ/「オトナのチュッパチャプス ダークエスプレッソ・サングリア」発売
永谷園/松前漬けなど日本各地の味が楽しめるしっとりタイプのふりかけ
エスビー食品/「神田カレーグランプリ」歴代優勝店監修のレトルトカレー
エスビー食品/「おひさまキッチン パンプディング チーズ・パンプキン」発売
カゴメ/ぶどう、りんご、ざくろなど使った「秋のフルーツこれ一本」
カゴメ/「アンナマンマ イカスミソース・濃厚トマトクリーム」発売
UVケア 売上ランキング/2017年4月~6月、資生堂「アネッサ パーフェクトUV アクアブースター 」が1位
歯ブラシ 売上ランキング/2017年4月~6月、ライオン「ビトイーンコンパクトふつう」が1位
アサヒ/クラフトビール生産量を5倍に強化
アサヒ/クラフトビールの開発・情報発信拠点「隅田川パブブルワリー」開設
カゴメ/ロカボに対応「糖質想いの」オムライス、ミートドリア発売
カゴメ/「今日のトマトメニュー トマトパッツァ用ソース」発売
エビアン/表参道でパリジャンのライフスタイルを紹介する期間限定イベント
サントリースピリッツ、ビームサントリー/共同開発「サウザクーラー」
ポッカ/「じっくりコトコト」から白トリュフが香るプレミアムスープ
ポッカ/「じっくりコトコト ブイヤベース風 魚のスープ」発売
敷島製パン/沖縄黒糖を練り込んだ「国産小麦のもちっと黒糖蒸しパン」
コーセーグループ/エイジングケア化粧水「フイルナチュラント IC.U Wセラム」
ハウス食品/マロニーを子会社化
キリン/「生茶」の年間販売目標を上方修正
ライオン/口臭を防ぐ「NONIOハミガキ」、「NONIOマウスウォッシュ」
カネボウ/表参道でルナソルの秋コレクションを試せるOne Dayイベント