2017年7月7日
生産
経営

サッポロ/ワイン用ぶどう栽培にAI導入

サッポロビールは、自社ぶどう栽培会社であるサッポロ安曇野池田ヴィンヤードにAI(人工知能)を導入する。

<ワイン用ぶどう栽培にAI導入>

同社は、中期経営計画で「ワイン事業をビールに次ぐ第二の柱にする」という目標を掲げて取り組んでいる。また、日本ワインの需要拡大に対応すべく、長野県に「安曇野池田ヴィンヤード(12ha)」、「長野古里ぶどう園(3ha)」の2つのぶどう園を保有し、高品質な原料ぶどうの栽培に努めてきた。

その一環として、安曇野池田ヴィンヤードにAIを導入し、各種データを活用して体系化された栽培技術を確立することで、さらなるぶどうの品質向上と栽培技術のスピーディーな伝承を目指す。

具体的には、ぶどう園に設置したセンサーで気象・土壌等の環境情報を収集し、生育状況や品質と合わせてクラウドサーバーで分析し、最適な作業指示をリアルタイムでフィードバックする。このAIは農学系の博士を修めた社外の研究者が開発に携わり、科学的な農業技術を用いた栽培を実現する。さらに、現地栽培技術者の知見も組み込める仕様となっており、独自の栽培ノウハウを蓄積し、共有することも可能にする。

また、グランポレールの国際ワインコンクールでの受賞など、国内外から高い評価を得ている安曇野池田ヴィンヤードのぶどう栽培技術の伝承スピードを上げることも導入の目的としている。今後、品質を維持・向上しながらぶどう畑を拡大するには、熟練した栽培技術者を増やしていく必要があり、さらには自社ぶどう園のみならず契約農家にもこのシステムに蓄積された知見を展開することで、より安心して長期的に供給できるようになることを目指す。

同社は将来的に、ワイン用ぶどう栽培への新規参入を検討している人にこの知見を提供し、安定したぶどう栽培に取り組めるようにすることで、農業の後継者不足対策の一助になるよう貢献したいと考えている。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年7月21日
味の素/フランスの冷凍食品会社を買収
資生堂/専科、ベネフィークなどボディー用洗浄料を自主回収
資生堂/「HAKU」保湿&美白ケアできるジェル状化粧水とオイル
資生堂/「マキアージュ」から眉の印象を変化させるアイブローパレット
ヤプリ/「イソジン」公式アプリ開発、感染症情報をいち早くチェック
キッコーマン/煮物が短時間でできる「うちのごはん 煮込み料理の素」
キッコーマン/白いごはんに合う「うちのごはん おそうざいの素 白菜豚キムチ」
カルビー/ビールやチューハイに良く合う「かっぱえびせん ゆず胡椒味」
クラシエ/「オトナのチュッパチャプス ダークエスプレッソ・サングリア」発売
永谷園/松前漬けなど日本各地の味が楽しめるしっとりタイプのふりかけ
エスビー食品/「神田カレーグランプリ」歴代優勝店監修のレトルトカレー
エスビー食品/「おひさまキッチン パンプディング チーズ・パンプキン」発売
カゴメ/ぶどう、りんご、ざくろなど使った「秋のフルーツこれ一本」
カゴメ/「アンナマンマ イカスミソース・濃厚トマトクリーム」発売
UVケア 売上ランキング/2017年4月~6月、資生堂「アネッサ パーフェクトUV アクアブースター 」が1位
歯ブラシ 売上ランキング/2017年4月~6月、ライオン「ビトイーンコンパクトふつう」が1位
アサヒ/クラフトビール生産量を5倍に強化
アサヒ/クラフトビールの開発・情報発信拠点「隅田川パブブルワリー」開設
カゴメ/ロカボに対応「糖質想いの」オムライス、ミートドリア発売
カゴメ/「今日のトマトメニュー トマトパッツァ用ソース」発売
エビアン/表参道でパリジャンのライフスタイルを紹介する期間限定イベント
サントリースピリッツ、ビームサントリー/共同開発「サウザクーラー」
ポッカ/「じっくりコトコト」から白トリュフが香るプレミアムスープ
ポッカ/「じっくりコトコト ブイヤベース風 魚のスープ」発売
敷島製パン/沖縄黒糖を練り込んだ「国産小麦のもちっと黒糖蒸しパン」
コーセーグループ/エイジングケア化粧水「フイルナチュラント IC.U Wセラム」
ハウス食品/マロニーを子会社化
キリン/「生茶」の年間販売目標を上方修正
ライオン/口臭を防ぐ「NONIOハミガキ」、「NONIOマウスウォッシュ」
カネボウ/表参道でルナソルの秋コレクションを試せるOne Dayイベント