2017年6月6日
決算

ミツカン/2016年度業績、食酢が2年連続で2ケタ成長

ミツカングループは6月5日、2016年度(2016年3月~2017年2月)業績を発表した。

売上高2334億円(6.1%減)、経常利益140億円(約3.9倍)となった。

減収の要因は、国内事業の家庭用食酢やぽん酢・鍋つゆが、グループ基盤を支える事業として着実に成長したものの、北米事業、欧州事業が為替の変動の影響もあり、前年を下回った。海外売上高比率は約52%。為替影響が約161億円あるため、為替影響を除くと前年並みとなる。

一方、経常利益は前年から約92億円増の140億円。償却前営業利益(EBITDA)は前年から約6億円強の増加で349億円。増益の要因は、国内の食酢・ぽん酢など収益性の高い商品群が着実に成長したことに加え、ドル建て借入金返済に関わる為替や金利の変動リスクを避けるためのデリバティブ取引で評価益を計上したことによるもの。

国内では食酢セグメントは2年連続で2ケタ成長を遂げた。ぽん酢セグメント、つゆ・鍋つゆセグメントも前年を上回った。

北米事業の売上高は、前年比約11%減の1055億円。為替の影響を除くとほぼ前年並みだった。食酢を中心とした既存事業は堅調だったが、パスタソース事業は前年を約2%下回った。欧州事業では、売上高は、前年比約24%減の149億円。為替変動の影響が大きく、現地通貨ベースで見ると、前年に対して約3%の減少。日本食とSarson’sモルトビネガーは好調だった。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年7月21日
味の素/フランスの冷凍食品会社を買収
資生堂/専科、ベネフィークなどボディー用洗浄料を自主回収
資生堂/「HAKU」保湿&美白ケアできるジェル状化粧水とオイル
資生堂/「マキアージュ」から眉の印象を変化させるアイブローパレット
ヤプリ/「イソジン」公式アプリ開発、感染症情報をいち早くチェック
キッコーマン/煮物が短時間でできる「うちのごはん 煮込み料理の素」
キッコーマン/白いごはんに合う「うちのごはん おそうざいの素 白菜豚キムチ」
カルビー/ビールやチューハイに良く合う「かっぱえびせん ゆず胡椒味」
クラシエ/「オトナのチュッパチャプス ダークエスプレッソ・サングリア」発売
永谷園/松前漬けなど日本各地の味が楽しめるしっとりタイプのふりかけ
エスビー食品/「神田カレーグランプリ」歴代優勝店監修のレトルトカレー
エスビー食品/「おひさまキッチン パンプディング チーズ・パンプキン」発売
カゴメ/ぶどう、りんご、ざくろなど使った「秋のフルーツこれ一本」
カゴメ/「アンナマンマ イカスミソース・濃厚トマトクリーム」発売
UVケア 売上ランキング/2017年4月~6月、資生堂「アネッサ パーフェクトUV アクアブースター 」が1位
歯ブラシ 売上ランキング/2017年4月~6月、ライオン「ビトイーンコンパクトふつう」が1位
アサヒ/クラフトビール生産量を5倍に強化
アサヒ/クラフトビールの開発・情報発信拠点「隅田川パブブルワリー」開設
カゴメ/ロカボに対応「糖質想いの」オムライス、ミートドリア発売
カゴメ/「今日のトマトメニュー トマトパッツァ用ソース」発売
エビアン/表参道でパリジャンのライフスタイルを紹介する期間限定イベント
サントリースピリッツ、ビームサントリー/共同開発「サウザクーラー」
ポッカ/「じっくりコトコト」から白トリュフが香るプレミアムスープ
ポッカ/「じっくりコトコト ブイヤベース風 魚のスープ」発売
敷島製パン/沖縄黒糖を練り込んだ「国産小麦のもちっと黒糖蒸しパン」
コーセーグループ/エイジングケア化粧水「フイルナチュラント IC.U Wセラム」
ハウス食品/マロニーを子会社化
キリン/「生茶」の年間販売目標を上方修正
ライオン/口臭を防ぐ「NONIOハミガキ」、「NONIOマウスウォッシュ」
カネボウ/表参道でルナソルの秋コレクションを試せるOne Dayイベント