2017年4月14日
新商品

エチゴビール/希少な米国産ホップを使用したクラフトビール「FLYING IPA」好評受け販売再開

エチゴビールは4月18日、クラフトビール「FLYING IPA」を定番化し、販売を再開する。

<クラフトビール「FLYING IPA」>

希少なホップを多量に使用したことによる、突き抜ける「際立った苦み」と「シトラスの香り」が特長。同社の一般的なビールの2倍以上のホップを使用した。

比較的軽い飲み口で、苦みや香りがストレートに楽しめるアメリカンスタイルのIPA。

昨年秋の発売時、過去の同社の限定醸造ビールの中で突出した出荷数量を記録した。品薄状況が続く米国産のホップを製造可能量確保できたため、販売を再開する。

パッケージデザインは、地元新潟の英雄である上杉謙信公の「越後の龍」から着想した。龍は水を司る神として崇拝されていることや、龍が追いかける玉の発祥がインドであることなどを、モチーフとした。

アルコール分5.5%。内容量は350ml、参考価格が266円(税別)。

<突き抜ける「際立った苦み」と「シトラスの香り」が特長>

IPAとは、インディア・ペール・エールの略。米国ではIPAという呼称が一般的。大航海時代にインドを植民地にした英国が冷蔵技術の発達していない条件下でインドへビールを送るために、麦芽エキス分の濃度を上げアルコール度を高くし、多量のホップで抗菌力を高めたビールを作ったのが始まりとされ、英国では人気の液種の一つとして定着している。

米国産の柑橘系の香りを持つ個性あるホップが開発され、そのホップを多量に入れたアメリカンスタイルのIPAが人気となり、米国ではクラフトビールブームの代表的液種となっている。

海外、特に米国ではクラフトビールの象徴的存在となっており、スーパーマーケットでは、銘柄数・販売金額とも突出している。全銘柄に占める割合は4分の1にものぼるという。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年6月26日
日清食品/時代を先取りしすぎて売れなかった黒歴史トリオを再発売
日清食品/お店で食べるようなおいしさ「ラ王PREMIUM 台湾まぜそば」
日清食品初の機能性表示食品/おなかの調子を整える「Deruno FIBER SMOOTHIE」
リプトン/表参道でフルーツたっぷりのアイスティーが楽しめる期間限定ショップ
アサヒ/夏季限定「Slat ジンジャー&レモンサワー・アセロラ&ザクロサワー」
資生堂/濃密美容ヘアマスク「TSUBAKI プレミアムリペアマスク」
ジャパンフリトレー/ヤマキとコラボした「マイクポップコーン めんつゆ味」
亀田製菓/夏季限定「ハッピーターンズ チーズカレー・とうもろこし」
森永甘酒/熊本城デザインパッケージの売上を熊本城復興に寄付
ダイドードリンコ/6月度の販売2.2%増
丸美屋/「ポケモンふりかけ たまご&さけ・たまご&やさい」発売
東ハト/ココナッツミルクを生地に練り込んだ「ソルティ・ココナッツ」
東ハト/スパイスを効かせた「ビールにビーノ ガーリック枝豆味」
ハウス食品/コンビニ限定「オー・ザック 旨わさび醤油味」
コーセー/エイジングケア化粧水「米肌 活潤リフト化粧水」
カルビー/阪急うめだ本店で「ポテトビート 黒蜜味・シークヮーサー味」発売
資生堂/「ベネフィーク」から自然なつや肌に仕上げるクッションファンデーション
資生堂/表参道で「SHISEIDO」新メイクアイテムを試せるポップアットストア
サッポロ/3つの祭り・4会場で「道産子感謝Day」ビヤフェスティバル開催
エノテカ/新光三越に台湾での旗艦店を開設
P&G/「レノア本格消臭スポーツ スプラッシュリリーの香り」発売
AGF/煎と一緒に食べたい和菓子を全国から募集
消費者庁/トクホなど食品表示の適正化に向け取締強化
クラシエ/「ねるねるねるね」を楽しく学べる「じっけんねるねる」
芳香・消臭剤 売上ランキング/2017年5月、「小林製薬 液体ブルーレットおくだけ ミント」が1位
アルコール飲料 売上ランキング/2017年5月、「アサヒ スーパードライ」が1位
清涼飲料 売上ランキング/2017年5月、「大塚 オロナミンCドリンク」が1位
森永乳業/原宿で「フォトジェニックなピノ体験」できる期間限定ショップ
湖池屋/スコーンをグレードアップさせた「スゴーン 海老まるごと・鶏炭火焼」
森永製菓/夏季限定パッケージ「冷やし甘酒 花火缶」、「甘酒 祭り缶」