2017年2月7日
決算

日清食品HD/2016年4~12月、純利益13%減

日清食品ホールディングスが2月7日発表した2017年3月期第3四半期の連結決算は、売上高3698億3800万円(前年同期比6.4%増)、営業利益217億1800万円(2.5%減)、経常利益253億2300万円(8.2%減)、純利益198億9300万円(13.6%減)となった。

日清食品の販売状況は、カップめん類が売上を伸ばし前年同期比で増収増益だったが、明星食品では、「チャルメラ」シリーズが引き続き売上を伸ばしたものの、カップめん類では、「明星 一平ちゃん夜店の焼そば」シリーズの売上が前年同期を下回り、ブランド強化を目的とした拡販費・広告宣伝費等の販売費の増加による影響もあり、減収減益だった。

海外事業は、前期に連結子会社化したニッシンフーズブラジルLtda.の寄与もあり米州で増収増益だったものの、為替の影響もあり、中国事業は減収減益だった。

2017年3月期通期の連結決算は、売上高5000億円(前期比6.8%増)、営業利益278億円(5.3%増)、経常利益315億円(2.5%増)、純利益225億円(16.3%減)を予想している。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年7月28日
キユーピー/飲食店向け野菜メニューの幅が広がるドレッシングなど提案
カゴメ/「GREENS」リニューアル、名古屋・北陸・大阪でも販売開始
ハウス食品/和風だしと和のスパイス使用のカレールウ「だしの匠カレー」
ハウス食品/カレーの名店デリー監修「キーマパラックカレー」
はごろもフーズ/かつお高騰「シーチキンマイルド」値上げ
雪印メグミルク/北海道工場に200億円設備投資
サントリー/プラスチック片混入「ペプシコーラ」など340万本自主回収
カンロ/夏のエアコンによる乾燥対策に「うるおいマスカットのど飴」
J&J/低刺激でノンアルコールタイプ「リステリン クールミント ゼロ」
グリコ/広告宣伝費など増加、4~6月営業利益16%減
ヤクルト/国内外で「ヤクルト」販売好調、4~6月営業利益37%増
エステー/プレミアム消臭力が人気、4~6月営業利益55%増
クラシエ/神木隆之介さんが「髪ダメージ」を擬人化して演じる「いち髪」CM
マンダム/ギャツビー、ビフェスタ好調、4~6月営業利益7%増
ネスレ/「ネスカフェゴールドブレンド 濃厚ミルクラテ・濃厚カプチーノ」発売
味の素/目もと・口もと用クリーム「ジーノ アミノシューティカル リンクルクリーム」
芳香・消臭剤 売上ランキング/2017年6月、「エステー 脱臭炭 冷蔵庫用」が1位
アルコール飲料 売上ランキング/2017年6月、「アサヒ スーパードライ」が1位
清涼飲料 売上ランキング/2017年6月、「大塚 オロナミンCドリンク」が1位
日清食品/謎肉ルービックキューブの予約開始
カップヌードルミュージアム/1日29食限定「謎肉丼」
サッポロ/渋みや苦みを抑えた「エビス#127」セブン&アイ限定発売
資生堂/日やけ止め「アネッサ」、「サンメディックUV」自主回収
コーセー/最高級ライン「コスメデコルテ AQ」から新スキンケアシリーズ
アサヒ/「ウィルキンソン・ハード無糖ドライ」販売目標を2割増の120万箱に上方修正
キユーピー/ベビーフード瓶詰シリーズから新商品
ハーゲンダッツ/ミニカップ「パンプキン」とクリスピーサンド「パンプキンプディング」
ヤクルト/広東省清遠市に新支店、中国の販売拠点40か所に
キリン/とれたての岩手県遠野産ホップ使用「一番搾り とれたてホップ生ビール」
ライオン/「hadakara ボディソープ ピュアローズの香り」発売