2017年1月11日
経営

サッポロ/2017年はビール、ファインワインを強化

サッポロビールは1月11日、2017年事業方針を発表した。

今年より4年間の新中期経営計画をスタート。変化をチャンスと捉え、今の殻を破って「突き抜ける」存在となり、スピードをもって各事業の成長に取り組む。

昨年の事業方針である「ビール強化元年」の継続姿勢を表明する「ビール復権宣言」を掲げ、さらにビールブランドを強化する。

「サッポロ生ビール黒ラベル」と「エビスビール」の両ブランドはもちろん、サッポロ独自の強みを発揮するブランドで業務用や地域限定の積極的な取り組みを行い、売上増を目指す。

「サッポロ生ビール黒ラベル」は、今年4月に発売40周年を迎えるこの商品は、発売以来こだわり続けてきた「生のうまさ」を引き続き追求。

「完璧な生ビールを。」というコミュニケーションメッセージのもと、発売40周年記念のキャンペーンや、独自の世界感と良質な飲用体験の機会をこれまで以上に広く提供することで、現在の好調トレンドを加速させる。

好評を博している「PERFECT BEER GARDEN」を引続き東京と大阪で展開するとともに、最盛期にはブランド体験イベント「PERFECT DAYS」を全国主要都市で開催予定。

「エビスビール」は、今年は「エビスで愉しむ、幸せなひと時」をテーマに、各種マーケティング施策を通じて愛飲者との絆強化に加え、新たな接点の拡大を実現する。

また、ワイン事業をビールに次ぐ「第2の柱」と位置付け、ファインワインの強化に重点を置き、デイリーワインや多様な商品とともにさまざまな飲み方を提案する。

日本ワイン「グランポレール」では、「GRANDE POLAIRE WINEBAR TOKYO」を活用したイベント開催や試飲会、セミナー開催など、顧客接点の強化を図るとともに、得意先向けぶどう畑・ワイナリーツアーの開催を通してブランド価値を向上させる。

輸入ファインワインでは、ブランド構築を目指して、セミナーなどのブランド体験機会の提供や日本独自の文化にもとづいたブランド価値の向上策、積極的PRを図り、シャンパーニュ「テタンジェ」、「ペンフォールズ」といったファインワインを中心に一層の販売拡大を行う。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年8月21日
日清食品/お湯を入れて待つだけ「焼そばU.F.O.湯切りなし あんかけ中華風焼そば」
日清食品/ファストフード和食を提案「日本めし スキヤキ牛めし」
日清食品/ショートパスタを加えた食べるホットスムージー
ネスレ/松木安太郎氏の熱いエール付き「キットカット のど飴味」
アサヒ/「スタイルバランス」からハイボールのような新フレーバー
グリコ/カプリコ占いを楽しめる「ジャイアントカプリコ」リニューアル
グリコ/生産子会社の広島グリコ乳業、九州グリコ解散
コカ・コーラ/ホットでおいしい特別仕立て「綾鷹 ホット専用」
ヤクルト/カルシウム配合「ミルージュ ホワイトウォーター」
森永乳業/期間限定「濃密ギリシャヨーグルト パルテノ 贅沢カシスソース付」
ダイドーブレンド/深みとキレを両立「デミタス甘さ控えた微糖」
亀田製菓/インスタ映えするフォトジェニックな「柿の種」
東洋水産/花椒・唐辛子の辛味とごまの風味がマッチ「でかまる 辛担々ワンタン麺」
チロルチョコ/カップや包装紙にお化けをあしらったハロウィンカップ
資生堂/天然シルク配合のコットン「エリクシール つや玉コットン」
SK-II/ハリケアの「R.N.A.パワー」からうるツヤ肌をかなえる美容乳液
大塚製薬/ミドルエイジ男性向け「ウル・オス」から超濃密泡ができる洗顔料
ユニリーバ/高濃度パイプクリーナー「ドメスト パイプ プロ」
基礎化粧品 売上ランキング/2017年7月、「資生堂エリクシール エンリッチド リンクルクリーム」が1位
冷凍食品 売上ランキング/2017年7月、「味の素 ギョーザ」が1位
乳製品 売上ランキング/2017年7月、「雪印メグミルク 6Pチーズ」が1位
味の素/トルコの食品会社を買収
キユーピー/野菜を楽しむ「キユーピーとヤサイな仲間たちカフェ」開催
森永製菓/ヨーグルトに混ぜてもおいしいココア「ラクチュロースココア」
森永製菓/五穀たっぷりのフリーズドライ「五穀と黒ゴマの豆乳ラテ」
東ハト/ローストガーリックを効かせた「ウラキャラコーン カレー味」
サントリー/角瓶80周年記念「角ハイボールガーデン」六本木ヒルズにオープン
ロッテ/超レア金シール付き「AKBックリマンチョコ」セット
協同乳業/ゴム製の異物混入「クッキーバニラ」自主回収
協同乳業/三輪壽人男パティシエ監修キャラメルとナッツの大人のぜいたくアイス