2017年1月11日
経営

サントリービール/ザ・プレミアム・モルツ、金麦、オールフリーに販促集中

サントリービールは1月10日、事業方針を発表した。

国内ビール類総市場、ノンアルコールビールテイスト飲料を除く国内ビール類市場ともに対前年98%程度と推定される。同社計では7270万ケース(対前年101%)、ビール類では6550万ケース(同101%)を目指す。

また、「ザ・プレミアム・モルツ」、「金麦」、「オールフリー」の主力3ブランドにマーケティング活動を集中して、新たな需要を喚起し、市場の活性化を図る。

「ザ・プレミアム・モルツ」は、中味・パッケージを刷新し、1770万ケース(対前年103%)、「金麦」ブランドは3750万ケース(対前年102%)、1月よりビールらしい味わいにリニューアルする「オールフリー」ブランドは、720万ケース(対前年104%)を目指す。

国内4箇所のビール工場は、サントリービールのつくりのこだわりとしている、天然水醸造という同社ならではの価値を伝えするため、3月14日から、「サントリー 天然水のビール工場」に名称を変更する。

また、「ザ・プレミアム・モルツ」発祥の地であるサントリー武蔵野ビール工場では、「ザ・プレミアム・モルツ」の世界観を体感できる空間へと施設の一部を刷新する。

サントリースピリッツは、ウイスキーのリーディングカンパニーとして、「角瓶」、「ジムビーム」、「トリス クラシック」、「知多」などの戦略ブランドで新需要のさらなる獲得を図る。

本格的な「ハイボール」訴求活動を始めて10年目となる2017年は、消費者に「ハイボール」のおいしさを改めて伝えるべく、「サントリーハイボール宣言」のもと、これまで以上に飲用時品質にこだわった活動を幅広く展開する。

「角瓶」は360万ケース(対前年102%)、「ジムビーム」75万ケース(対前年133%)、「トリス クラシック」120万ケース(対前年139%)、「知多」8万ケース(対前年144%)を目指す。

RTD商品は合計で7070万ケース(対前年108%)を目標としている。

「-196℃ ストロングゼロ」3570万ケース(対前年114%)、「こくしぼりプレミアム」168万ケース(対前年219%)、「ほろよい」1540万ケース(対前年105%)、「のんある気分」280万ケース(対前年103%)を目指す。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年8月16日
カゴメ/トマトを使って手軽におかずが作れるメニュー調味料
カゴメ/米国子会社Preferred Brands Internationalの全株式売却
森永乳業/ピノフォンデュカフェの来場者15万人突破
森永乳業/香り高いいちごのぜいたくな味わい「贅沢苺ミルク」
森永乳業/期間限定「マウントレーニア カフェラッテ メープルナッツ」
サッポロ/コク系新ジャンル「麦とホップ 赤 フェストスタイル」
エースコック/「スープはるさめ 鶏だし野菜みそ・麻辣火鍋味」発売
日本ハム/スイーツピザ「石窯工房 クリームチーズ&ブルーベリーピザ」
日本ハム/レンジで温めるだけのカフェメニュー「ふんわり食感の明太マヨチーズサンド」
クラシエ/舐めると舌に色がつく「チュッパチャプス ハロウィンバッグ」
敷島製パン/パスコ・サポーターズと共同開発「ひといきサンド ティラミス風」
アサヒ/「サンタ・ヘレナ・アルパカ」から飲みきりサイズのハーフボトル3品
森永製菓/「エンゼルパイ 和栗」、「小枝 モンブラン」など栗のお菓子
ダイドードリンコ/世界一のバリスタが監修したカフェラテ
東洋水産/「マルちゃん焼そば」のめんとソースを餡に使ったギョウザ
ピップ/中国向け越境ECプラットフォーム「ワンドウ」でベビー用品など販売開始
東洋水産/だし・素材にこだわった本格的なラーメン「コクの一滴」
CHICCA/なまめく目元をつくる「人肌アイシャドウ」など秋のコレクション
キリンビールグループ/スプリングバレーブルワリー東京に「夏のシードル」
キシリトールガム/羽生結弦選手のイラストに藤本タツキさんが挑戦
カルビー/47都道府県の味のポテトチップスを今秋発売
味の素/「Bendy」ブランド、インドの粉末飲料市場に新規参入
ネスカフェ/銀座に全日本ベッド工業会とコラボした睡眠カフェ
キリン/4種の柑橘をブレンド「本搾りチューハイ 秋柑」
キリン/「氷結ストロング 巨峰」を通年で発売
日清食品チルド/「創作麺工房 鳴龍」の担担麺の味を再現
日清食品チルド/「日清の太麺焼そば トリュフ香るバター醤油味」発売
明治/伝統的な洋食を冷凍食品で楽しめる「銀座焼チーズカリードリア」
アサヒ/完熟したぶどう果汁を使用「味わう葡萄&カルピス」
アサヒ/国産リンゴを100%使用「ニッカ シードル・ロゼ」