2016年12月9日
生産
経営

味の素/バイオベンチャーのジーンデザインを子会社化

味の素は12月9日、子会社の味の素オムニケムが、同日、国内有数の核酸医薬品の開発・製造受託会社(以下「CDMO」)であるジーンデザインの発行済みの全株式を取得することについて合意し、株式売買契約を締結した、と発表した。

同株式取得により、同社グループのオリゴ核酸製造技術、医薬品の製造機能・ノウハウ及びジーンデザインの持つ経営資源との相乗効果で、成長著しい核酸医薬品のCDMO分野での事業拡大を加速させる。

核酸医薬品は、これまで治療が困難だった疾患への適用にも開発が進められていることから、国内外において大きな市場成長が期待されている。同社は、市場のニーズに応えるべく、これまでに培ってきた合成技術を応用し、「液相合成法」(オリゴ核酸の一般的な合成法「固相合成法」に比べて大量生産に適している)をベースとしたオリゴ核酸の製造法を開発し、CDMO事業(「AJIPHASER」)を推進してきた。

ジーンデザインは、2000年に創業し、現在、受託開発・製造事業を手掛ける、国内有数のオリゴ核酸のCDMO。同社は核酸医薬品の製造に必要とされている固相合成法に関連する高度な技術や、厳格な品質管理・ノウハウを有していることから、国内の製薬メーカーや研究機関など幅広い顧客から高い評価を得ている。

今回の買収により、同社独自の大量生産に優れた液相合成法、オムニケム社の持つ医薬品の製造機能やノウハウに、ジーンデザインが持つ少量多品種の生産に優れた固相合成法、経験豊かな人財、cGMP(医薬品等の製造管理及び品質管理の基準)に準拠した製造機能を組み合わせることで、開発初期(固相合成による少量多品種の供給)から後期・上市後(液相合成による大量供給)に至るまでのオリゴ核酸の受託開発・製造事業が可能な体制を構築する。

■ジーンデザイン 概要
所在地:大阪府茨木市彩都あさぎ7-7-29
代表取締役社長:湯山 和彦
資本金:5000万円
設立年月日:2000年12月
大株主及び持株比率:湯山和彦 38.8%、個人株主など 61.2%
売上高:7億600万円(2015年度)

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年7月27日
日清食品/謎肉ルービックキューブの予約開始
カップヌードルミュージアム/1日29食限定「謎肉丼」
サッポロ/渋みや苦みを抑えた「エビス#127」セブン&アイ限定発売
資生堂/日やけ止め「アネッサ」、「サンメディックUV」自主回収
コーセー/最高級ライン「コスメデコルテ AQ」から新スキンケアシリーズ
アサヒ/「ウィルキンソン・ハード無糖ドライ」販売目標を2割増の120万箱に上方修正
キユーピー/ベビーフード瓶詰シリーズから新商品
ハーゲンダッツ/ミニカップ「パンプキン」とクリスピーサンド「パンプキンプディング」
ヤクルト/広東省清遠市に新支店、中国の販売拠点40か所に
キリン/とれたての岩手県遠野産ホップ使用「一番搾り とれたてホップ生ビール」
ライオン/「hadakara ボディソープ ピュアローズの香り」発売
花王/ヒューマンヘルスケア事業好調、1~6月営業利益7%増
永谷園/明石焼きのようなふわふわ食感「ふわふわあんかけ玉子 明石焼き風鰹だし」
赤城乳業/有楽町で「ガツン、とみかん」を無料配布
宝HD/焼酎ハイボール好調、4~6月売上高21%増
ファンケル/化粧品、栄養補助食品が売り上げ増、4~6月売上高10%増
クラシエ/無添加処方の「ミュオ クレンジングリキッド」
大塚製薬/北米で植物由来食品の高成長企業を買収
JT/全国の喫煙者率男性28.2%、女性9.0%
食器用・台所用洗剤 売上ランキング/2017年6月、「花王 キッチン泡ハイター」が1位
果実飲料 売上ランキング/2017年6月、「カゴメ トマトジュース食塩無添加」が1位
アイスクリーム 売上ランキング/2017年6月、「森永 チョコモナカジャンボ」が1位
森永乳業/「パルム」と高級料理店の一流シェフのコラボメニュー
化粧品の販売スタイル変革セミナー/8月8日開催
ネスレ/有機豆を100%使用「ネスカフェ ゴールドブレンド オーガニック」
エースコック/「一度は食べたい名店の味 四つ葉監修の一杯 行列必至の中華そば」発売
赤城乳業/ガリガリ君がサッカー日本代表ユニフォーム姿で登場「ソーダ味」
資生堂/「エリクシール スリーピングジェルパック」からナイトアロマの香り
サッポロ/ロイヤルリーフホップ1.5倍「エビス マイスター」リニューアル
サントリー/厳選された黒麦芽を使用「ザ・プレミアム・モルツ 黒」