2016年12月6日
CSR
経営

ユニ・チャーム/鹿児島県志布志市と使用済み紙おむつのリサイクル実証実験開始

ユニ・チャームは12月6日、地球環境保全と経済的成長を両立する事業活動の一環として、使用済み紙おむつからパルプを再生する再資源化技術を活用した実証試験を開始する協定を鹿児島県志布志市と締結した、と発表した。

今後、志布志市との共同により、使用済み紙おむつの最適な収集方法とそのリサイクル技術の構築に向けた実証試験を開始する。

同社は、志布志市が主体となっている18の団体・個人から構成された「使用済み紙オムツ再資源化推進協議会」に2016年5月より参画。

志布志市、そおリサイクルセンター(大崎町)、同社の3者間で使用済み紙おむつの収集とリサイクルに関する協定を11月1日に締結し、使用済み紙おむつの再資源化を目指した実証試験段階へ入る。

ユニ・チャームが開発した使用済み紙おむつの再資源化へのリサイクル技術を「そおリサイクルセンター」へ供与し、具体的な実証試験を行う。

リサイクル処理自体についても、既存技術の改良を含め、よりリサイクルしやすい処理技術の開発についても共同研究を開始する。

ユニ・チャームの開発したリサイクル技術は、使用済み紙おむつから低質パルプを回収した後、独自のオゾン処理を加える。これにより、再利用の工程で設備不具合の原因となる、紙おむつには欠かせない素材の高分子吸収ポリマー(SAP)を酸化させて水と二酸化炭素にまで分解し、バージンパルプと同等の衛生的で安全な上質パルプへと再資源化が可能となった。昨年完成させた基本技術を活用して実証試験を行う。

志布志市は10万人以下の人口規模の市だが、ここ数年、一般廃棄物のリサイクル率が市単位では国内1位。焼却ではなく埋め立て処分を実施しており、リサイクルには力を入れているが、リサイクル率は76%と高止まりしているのが現状。

さらに、埋め立てごみに占めるおむつの割合は20%に上っており、同市は環境に優しい紙おむつの再資源化の実現に期待を寄せている。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年6月23日
ハウス食品/コンビニ限定「オー・ザック 旨わさび醤油味」
コーセー/エイジングケア化粧水「米肌 活潤リフト化粧水」
カルビー/阪急うめだ本店で「ポテトビート 黒蜜味・シークヮーサー味」発売
資生堂/「ベネフィーク」から自然なつや肌に仕上げるクッションファンデーション
資生堂/表参道で「SHISEIDO」新メイクアイテムを試せるポップアットストア
サッポロ/3つの祭り・4会場で「道産子感謝Day」ビヤフェスティバル開催
エノテカ/新光三越に台湾での旗艦店を開設
P&G/「レノア本格消臭スポーツ スプラッシュリリーの香り」発売
AGF/煎と一緒に食べたい和菓子を全国から募集
消費者庁/トクホなど食品表示の適正化に向け取締強化
クラシエ/「ねるねるねるね」を楽しく学べる「じっけんねるねる」
芳香・消臭剤 売上ランキング/2017年5月、「小林製薬 液体ブルーレットおくだけ ミント」が1位
アルコール飲料 売上ランキング/2017年5月、「アサヒ スーパードライ」が1位
清涼飲料 売上ランキング/2017年5月、「大塚 オロナミンCドリンク」が1位
森永乳業/原宿で「フォトジェニックなピノ体験」できる期間限定ショップ
湖池屋/スコーンをグレードアップさせた「スゴーン 海老まるごと・鶏炭火焼」
森永製菓/夏季限定パッケージ「冷やし甘酒 花火缶」、「甘酒 祭り缶」
ハーゲンダッツ/キャラメルとバニラの組み合わせ「キャラメルヴァニーユ」
ハウス/シリーズ最多のエキス配合「ウコンの力 レバープラス プラチナ」
カネボウ/新・骨格リメイクアイシャドウ「ケイト ブラウンシェードアイズ」
敷島製パン/冷やしてもおいしい「チョコミント蒸しケーキ」
敷島製パン/北海道十勝産小豆を使用「国産小麦のどら焼き」
アサヒ/食材のうまみ、甘みと調和する「クリアアサヒ 九州うまか仕込」第3弾
アサヒ/韓国・ソウルで「スーパードライ」を楽しめる期間限定バー
サッポロ/イタリアワイン自主回収、食品添加物の表示に誤り
ファンケル/より保湿力高めた「モイスチャーライン」リニューアル
常盤薬品工業/「眠眠打破」限定キン肉マンボトル
常盤薬品工業/「なめらか本舗」からハローキティとコラボしたスキンケア商品
コカ・コーラ/「い・ろ・は・す 塩れもん」異物混入で、31万本自主回収
食器用・台所用洗剤 売上ランキング/2017年5月、「花王 キッチンハイター」が1位