2016年12月6日
CSR
経営

ユニ・チャーム/鹿児島県志布志市と使用済み紙おむつのリサイクル実証実験開始

ユニ・チャームは12月6日、地球環境保全と経済的成長を両立する事業活動の一環として、使用済み紙おむつからパルプを再生する再資源化技術を活用した実証試験を開始する協定を鹿児島県志布志市と締結した、と発表した。

今後、志布志市との共同により、使用済み紙おむつの最適な収集方法とそのリサイクル技術の構築に向けた実証試験を開始する。

同社は、志布志市が主体となっている18の団体・個人から構成された「使用済み紙オムツ再資源化推進協議会」に2016年5月より参画。

志布志市、そおリサイクルセンター(大崎町)、同社の3者間で使用済み紙おむつの収集とリサイクルに関する協定を11月1日に締結し、使用済み紙おむつの再資源化を目指した実証試験段階へ入る。

ユニ・チャームが開発した使用済み紙おむつの再資源化へのリサイクル技術を「そおリサイクルセンター」へ供与し、具体的な実証試験を行う。

リサイクル処理自体についても、既存技術の改良を含め、よりリサイクルしやすい処理技術の開発についても共同研究を開始する。

ユニ・チャームの開発したリサイクル技術は、使用済み紙おむつから低質パルプを回収した後、独自のオゾン処理を加える。これにより、再利用の工程で設備不具合の原因となる、紙おむつには欠かせない素材の高分子吸収ポリマー(SAP)を酸化させて水と二酸化炭素にまで分解し、バージンパルプと同等の衛生的で安全な上質パルプへと再資源化が可能となった。昨年完成させた基本技術を活用して実証試験を行う。

志布志市は10万人以下の人口規模の市だが、ここ数年、一般廃棄物のリサイクル率が市単位では国内1位。焼却ではなく埋め立て処分を実施しており、リサイクルには力を入れているが、リサイクル率は76%と高止まりしているのが現状。

さらに、埋め立てごみに占めるおむつの割合は20%に上っており、同市は環境に優しい紙おむつの再資源化の実現に期待を寄せている。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年8月16日
カゴメ/トマトを使って手軽におかずが作れるメニュー調味料
カゴメ/米国子会社Preferred Brands Internationalの全株式売却
森永乳業/ピノフォンデュカフェの来場者15万人突破
森永乳業/香り高いいちごのぜいたくな味わい「贅沢苺ミルク」
森永乳業/期間限定「マウントレーニア カフェラッテ メープルナッツ」
サッポロ/コク系新ジャンル「麦とホップ 赤 フェストスタイル」
エースコック/「スープはるさめ 鶏だし野菜みそ・麻辣火鍋味」発売
日本ハム/スイーツピザ「石窯工房 クリームチーズ&ブルーベリーピザ」
日本ハム/レンジで温めるだけのカフェメニュー「ふんわり食感の明太マヨチーズサンド」
クラシエ/舐めると舌に色がつく「チュッパチャプス ハロウィンバッグ」
敷島製パン/パスコ・サポーターズと共同開発「ひといきサンド ティラミス風」
アサヒ/「サンタ・ヘレナ・アルパカ」から飲みきりサイズのハーフボトル3品
森永製菓/「エンゼルパイ 和栗」、「小枝 モンブラン」など栗のお菓子
ダイドードリンコ/世界一のバリスタが監修したカフェラテ
東洋水産/「マルちゃん焼そば」のめんとソースを餡に使ったギョウザ
ピップ/中国向け越境ECプラットフォーム「ワンドウ」でベビー用品など販売開始
東洋水産/だし・素材にこだわった本格的なラーメン「コクの一滴」
CHICCA/なまめく目元をつくる「人肌アイシャドウ」など秋のコレクション
キリンビールグループ/スプリングバレーブルワリー東京に「夏のシードル」
キシリトールガム/羽生結弦選手のイラストに藤本タツキさんが挑戦
カルビー/47都道府県の味のポテトチップスを今秋発売
味の素/「Bendy」ブランド、インドの粉末飲料市場に新規参入
ネスカフェ/銀座に全日本ベッド工業会とコラボした睡眠カフェ
キリン/4種の柑橘をブレンド「本搾りチューハイ 秋柑」
キリン/「氷結ストロング 巨峰」を通年で発売
日清食品チルド/「創作麺工房 鳴龍」の担担麺の味を再現
日清食品チルド/「日清の太麺焼そば トリュフ香るバター醤油味」発売
明治/伝統的な洋食を冷凍食品で楽しめる「銀座焼チーズカリードリア」
アサヒ/完熟したぶどう果汁を使用「味わう葡萄&カルピス」
アサヒ/国産リンゴを100%使用「ニッカ シードル・ロゼ」