お知らせ

メーカーニュースは10月6日、流通ニュースに統合しました。

2016年12月6日
CSR
経営

ユニ・チャーム/鹿児島県志布志市と使用済み紙おむつのリサイクル実証実験開始

ユニ・チャームは12月6日、地球環境保全と経済的成長を両立する事業活動の一環として、使用済み紙おむつからパルプを再生する再資源化技術を活用した実証試験を開始する協定を鹿児島県志布志市と締結した、と発表した。

今後、志布志市との共同により、使用済み紙おむつの最適な収集方法とそのリサイクル技術の構築に向けた実証試験を開始する。

同社は、志布志市が主体となっている18の団体・個人から構成された「使用済み紙オムツ再資源化推進協議会」に2016年5月より参画。

志布志市、そおリサイクルセンター(大崎町)、同社の3者間で使用済み紙おむつの収集とリサイクルに関する協定を11月1日に締結し、使用済み紙おむつの再資源化を目指した実証試験段階へ入る。

ユニ・チャームが開発した使用済み紙おむつの再資源化へのリサイクル技術を「そおリサイクルセンター」へ供与し、具体的な実証試験を行う。

リサイクル処理自体についても、既存技術の改良を含め、よりリサイクルしやすい処理技術の開発についても共同研究を開始する。

ユニ・チャームの開発したリサイクル技術は、使用済み紙おむつから低質パルプを回収した後、独自のオゾン処理を加える。これにより、再利用の工程で設備不具合の原因となる、紙おむつには欠かせない素材の高分子吸収ポリマー(SAP)を酸化させて水と二酸化炭素にまで分解し、バージンパルプと同等の衛生的で安全な上質パルプへと再資源化が可能となった。昨年完成させた基本技術を活用して実証試験を行う。

志布志市は10万人以下の人口規模の市だが、ここ数年、一般廃棄物のリサイクル率が市単位では国内1位。焼却ではなく埋め立て処分を実施しており、リサイクルには力を入れているが、リサイクル率は76%と高止まりしているのが現状。

さらに、埋め立てごみに占めるおむつの割合は20%に上っており、同市は環境に優しい紙おむつの再資源化の実現に期待を寄せている。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年10月3日
グリコ/赤ワインと相性のよい大人の味わい「ポッキー 女神のルビー」
明星食品/焼そば専門店「みかさ」の味をカップめんで再現
セブン&アイ先行発売/玉露をぜいたくに使用した「綾鷹 珠玉の深み」
アサヒ/「バヤリース リフレッシャーズ しょうが仕立てのレモネード」発売
森永乳業/期間限定「濃密ギリシャヨーグルト パルテノ ピーチソース入」
森永乳業/リプトンファンが選んだ「リプトン ライチティー」
森永製菓/朝食代替ビスケット「麦のちからビスケット」
山崎製パン、スギ薬局/「糖質コントロールパン」を共同開発
ロッテ/和をテーマにしたきなこラテ味の「コアラのマーチ」
日清食品/チーズでアレンジ「カップヌードル ミルクシーフードヌードル」
P&G「ヘア レシピ」/SNS映えするスイーツを無料提供
ポーラグループ/東京ミッドタウン日比谷に美と健康を提案する食の新業態
亀田製菓/明治とコラボした「亀田の柿の種 チョコ&ホワイトチョコ」
コカ・コーラ/洋梨ピューレをブレンド「大人のファンタ 洋梨」
コカ・コーラ/ビタミンCとビタミンB取れる「アクエリアス 1日分のマルチビタミン」
森永乳業/カフェイン97%カット「マウントレーニア カフェラッテ デカフェ」
ネスレ/お湯を注ぐだけで本格抹茶「濃い贅沢抹茶・濃い贅沢抹茶ラテ」
雪印メグミルク/香り高くほのかな苦味が楽しめる「CREAM SWEETS 宇治抹茶プリン」
明治/「ブルガリアのむヨーグルト1食分のフルーツ」発売
10月の値上げに対する意識調査/値切るのに熱心なのは鹿児島県
キユーピー/2016年12月~2017年8月、サラダ・惣菜事業が好調で増収
ロッテ/巨峰果汁を配合「クーリッシュ 甘熟ぶどう」
ダイドードリンコ/コーヒー鑑定士が厳選した豆使用のカフェインレスコーヒー
花王/発売1年で「キュキュット CLEAR 泡スプレー」売上1375万本突破
サッポログループ/個性的なホップの香りで勝負するビール新ブランド
カルビー/大砲ラーメン監修「ポテトチップス 呼び戻し豚骨味」
インアゴーラ/ワンドウでカルビーの北海道産「フルグラ」販売開始
日清食品/安藤百福の研究小屋イメージ「チキンラーメン屋台」
サントリー/果実味やキレ味を強化「-196℃ ストロングゼロ」刷新
森永乳業/リカちゃんパッケージのママ用ミルク「Eお母さん」
メーカーニュース公式Twitter
メーカーニュース 公式Twitter