2016年12月6日
CSR
経営

ユニ・チャーム/鹿児島県志布志市と使用済み紙おむつのリサイクル実証実験開始

ユニ・チャームは12月6日、地球環境保全と経済的成長を両立する事業活動の一環として、使用済み紙おむつからパルプを再生する再資源化技術を活用した実証試験を開始する協定を鹿児島県志布志市と締結した、と発表した。

今後、志布志市との共同により、使用済み紙おむつの最適な収集方法とそのリサイクル技術の構築に向けた実証試験を開始する。

同社は、志布志市が主体となっている18の団体・個人から構成された「使用済み紙オムツ再資源化推進協議会」に2016年5月より参画。

志布志市、そおリサイクルセンター(大崎町)、同社の3者間で使用済み紙おむつの収集とリサイクルに関する協定を11月1日に締結し、使用済み紙おむつの再資源化を目指した実証試験段階へ入る。

ユニ・チャームが開発した使用済み紙おむつの再資源化へのリサイクル技術を「そおリサイクルセンター」へ供与し、具体的な実証試験を行う。

リサイクル処理自体についても、既存技術の改良を含め、よりリサイクルしやすい処理技術の開発についても共同研究を開始する。

ユニ・チャームの開発したリサイクル技術は、使用済み紙おむつから低質パルプを回収した後、独自のオゾン処理を加える。これにより、再利用の工程で設備不具合の原因となる、紙おむつには欠かせない素材の高分子吸収ポリマー(SAP)を酸化させて水と二酸化炭素にまで分解し、バージンパルプと同等の衛生的で安全な上質パルプへと再資源化が可能となった。昨年完成させた基本技術を活用して実証試験を行う。

志布志市は10万人以下の人口規模の市だが、ここ数年、一般廃棄物のリサイクル率が市単位では国内1位。焼却ではなく埋め立て処分を実施しており、リサイクルには力を入れているが、リサイクル率は76%と高止まりしているのが現状。

さらに、埋め立てごみに占めるおむつの割合は20%に上っており、同市は環境に優しい紙おむつの再資源化の実現に期待を寄せている。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年5月26日
日本製粉/7月1日出荷分より家庭用強力粉値上げ
猫フード 売上ランキング/2017年2月~4月、いなばペットフード「CIAO 焼かつお かつお節味」が1位
カルビー/「フルグラ」を中国で本格発売、越境ECサイト天猫国際と提携
伊藤園/1000円でぜいたくなひと時を演出する瓶入り「お~いお茶 氷水出し玉露」
伊藤園/思い出す力をサポートする機能性表示食品「イチョウ葉 青汁」
伊藤園/お茶の甘みが引き立つ「氷水出し 抹茶入り お~いお茶」
雪印メグミルク/杏仁ソース付き「栗原さんちのおすそわけ とろけるパンナコッタ」
雪印メグミルク/「カフェ・オ・レ」、「いちごオ・レ」をリニューアル
雪印メグミルク/糖分ひかえめ「Dole 糖分30%off アップル」
キリン/「ブルックリン ラガー」のびんを発売
キリン/タップ・マルシェに「常陸野ネストビール」を追加
明治/「カールチーズあじ」、「カールうすあじ」東日本での販売終了
日本マクドナルド/森永製菓とコラボ「マックフルーリー 森永ミルクキャラメル」
ネスプレッソ/ブランド初のアイスコーヒー専用カプセルコーヒー
敷島製パン/チーズ感いっぱいの「国産小麦の白いチーズパン」
敷島製パン/「PASCO SPECIAL SELECTION」から石窯づくりの食事パン
ジョージア/「パックマン」とのコラボゲームが楽しめる新サービス
岩下の新生姜/発売30周年記念「岩下の新生姜 わさビーフ味」を山芳製菓とコラボ
常盤薬品/ストレスを感じやすい20~30代男性にリラックス&ポジティブ飲料
制汗防臭剤 売上ランキング/2017年2月~4月、シービック「デオナチュレ ソフトストーンW」が1位
明治/ロカボでおいしいカフェラテ、フルーツラテ、カスタードプリンを発売
サントリー、カルビー/ボス ラテベースとフルグラがコラボ、手軽でおしゃれな朝食提案
カルビー/フルグラからドライフルーツを使わないプレーン味のグラノーラ「マイグラ」
森永乳業/「濃密ギリシャヨーグルト パルテノ Dolce ピュアパッションソース付」発売
湖池屋/「KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛」販売を再開
亀田製菓/「ソフトサラダ」に金属線が混入
アサヒ/「十六茶」から全国7地域のし好を生かした「ご当地素材ブレンド」
アサヒ/ほんのり塩味と炭酸感「三ツ矢 塩キャンディ アソート」
サッポロ/ほっこり猫動画のQRコード付き「キレートレモンサワー ストロング」
サッポロ/父の日やプレゼントに「エビスビール 冷やすと変わるデザイン缶」