2016年11月9日
決算

明治/4~9月、営業利益11%増

明治が11月9日に発表した2017年3月期第2四半期の連結決算は、売上高6067億8900万円(前年同期比2.4%増)、営業利益373億2200万円(11.7%増)、経常利益360億7200万円(1.4%増)、純利益243億2100万円(26.6%減)となった。

食品セグメントの売り上げは、前年同期を上回った。発酵デイリー事業、その他事業は前年同期を上回りましたが、商品数の絞り込みを実施した加工食品事業、菓子事業、栄養事業はそれぞれ前年同期を下回った。 営業利益は、主力商品の伸長によりプロダクトミックスが改善し、生産効率化に加えて費用の効率的支出にも取り組んだ結果、大幅な増益を達成した。

医薬品セグメントの売上高は前年同期を下回った。2016年4月に実施された薬価改定の影響により国内医療用医薬品事業は前年同期を下回り、また生物産業事業も動物薬の減収により前年同期を下回った。営業損失は、13億1300万円(前年同期は49億49百万円の営業利益)。各事業の減収や、新薬普及活動強化による費用増に加え、2015年12月に締結した大鵬薬品工業とのライセンス契約に基づく一時金の支払いが大きく影響した。

2017年3月期通期の連結決算は、食品セグメントのプロダクトミックスの 改善などによる営業利益の大幅な増加を勘案したことにより、利益面を上方修正。売上高1兆2510億円(前期比2.2%増)、営業利益は前回予想比70億円増の815億円(4.8%増)、経常利益が58億円増の800億円(2.2%減)、純利益は25億円増の525億円(16.1%減)を見込んでいる。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年7月21日
味の素/フランスの冷凍食品会社を買収
資生堂/専科、ベネフィークなどボディー用洗浄料を自主回収
資生堂/「HAKU」保湿&美白ケアできるジェル状化粧水とオイル
資生堂/「マキアージュ」から眉の印象を変化させるアイブローパレット
ヤプリ/「イソジン」公式アプリ開発、感染症情報をいち早くチェック
キッコーマン/煮物が短時間でできる「うちのごはん 煮込み料理の素」
キッコーマン/白いごはんに合う「うちのごはん おそうざいの素 白菜豚キムチ」
カルビー/ビールやチューハイに良く合う「かっぱえびせん ゆず胡椒味」
クラシエ/「オトナのチュッパチャプス ダークエスプレッソ・サングリア」発売
永谷園/松前漬けなど日本各地の味が楽しめるしっとりタイプのふりかけ
エスビー食品/「神田カレーグランプリ」歴代優勝店監修のレトルトカレー
エスビー食品/「おひさまキッチン パンプディング チーズ・パンプキン」発売
カゴメ/ぶどう、りんご、ざくろなど使った「秋のフルーツこれ一本」
カゴメ/「アンナマンマ イカスミソース・濃厚トマトクリーム」発売
UVケア 売上ランキング/2017年4月~6月、資生堂「アネッサ パーフェクトUV アクアブースター 」が1位
歯ブラシ 売上ランキング/2017年4月~6月、ライオン「ビトイーンコンパクトふつう」が1位
アサヒ/クラフトビール生産量を5倍に強化
アサヒ/クラフトビールの開発・情報発信拠点「隅田川パブブルワリー」開設
カゴメ/ロカボに対応「糖質想いの」オムライス、ミートドリア発売
カゴメ/「今日のトマトメニュー トマトパッツァ用ソース」発売
エビアン/表参道でパリジャンのライフスタイルを紹介する期間限定イベント
サントリースピリッツ、ビームサントリー/共同開発「サウザクーラー」
ポッカ/「じっくりコトコト」から白トリュフが香るプレミアムスープ
ポッカ/「じっくりコトコト ブイヤベース風 魚のスープ」発売
敷島製パン/沖縄黒糖を練り込んだ「国産小麦のもちっと黒糖蒸しパン」
コーセーグループ/エイジングケア化粧水「フイルナチュラント IC.U Wセラム」
ハウス食品/マロニーを子会社化
キリン/「生茶」の年間販売目標を上方修正
ライオン/口臭を防ぐ「NONIOハミガキ」、「NONIOマウスウォッシュ」
カネボウ/表参道でルナソルの秋コレクションを試せるOne Dayイベント