2016年11月9日
決算

明治/4~9月、営業利益11%増

明治が11月9日に発表した2017年3月期第2四半期の連結決算は、売上高6067億8900万円(前年同期比2.4%増)、営業利益373億2200万円(11.7%増)、経常利益360億7200万円(1.4%増)、純利益243億2100万円(26.6%減)となった。

食品セグメントの売り上げは、前年同期を上回った。発酵デイリー事業、その他事業は前年同期を上回りましたが、商品数の絞り込みを実施した加工食品事業、菓子事業、栄養事業はそれぞれ前年同期を下回った。 営業利益は、主力商品の伸長によりプロダクトミックスが改善し、生産効率化に加えて費用の効率的支出にも取り組んだ結果、大幅な増益を達成した。

医薬品セグメントの売上高は前年同期を下回った。2016年4月に実施された薬価改定の影響により国内医療用医薬品事業は前年同期を下回り、また生物産業事業も動物薬の減収により前年同期を下回った。営業損失は、13億1300万円(前年同期は49億49百万円の営業利益)。各事業の減収や、新薬普及活動強化による費用増に加え、2015年12月に締結した大鵬薬品工業とのライセンス契約に基づく一時金の支払いが大きく影響した。

2017年3月期通期の連結決算は、食品セグメントのプロダクトミックスの 改善などによる営業利益の大幅な増加を勘案したことにより、利益面を上方修正。売上高1兆2510億円(前期比2.2%増)、営業利益は前回予想比70億円増の815億円(4.8%増)、経常利益が58億円増の800億円(2.2%減)、純利益は25億円増の525億円(16.1%減)を見込んでいる。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年9月22日
明治/ビタミンEとC配合した「ブルガリアのむヨーグルト」
資生堂/ローソン限定「インテグレート」ミニセットにチーク初登場
森永製菓/香ばしいザクザク食感の「ワッフルサンドアイス」
ハーゲンダッツ/濃厚なチョコソース入り「フォンダンショコラ」
伊藤園/三越日本橋本店にこだわりの日本茶専門店オープン
花王/塗って流すだけの髪色ケア「リーゼプリティア 髪色サプリ」
カルビー/波佐見焼のデザイン取り入れたLOHACO限定「フルグラデザインBOX」
敷島製パン/こだわりのチーズ使用「香ばしいチーズパン」、「濃厚チーズフランス」
敷島製パン/北海道産ミルクの優しい甘み「国産小麦のミルクブレッド」
芳香・消臭剤 売上ランキング/2017年8月、「小林製薬 液体ブルーレットおくだけ ミント」が1位
台所用・食器用洗剤 売上ランキング/2017年8月、「花王 キッチン泡ハイター」が1位
アルコール飲料 売上ランキング/2017年8月、「アサヒ スーパードライ」が1位
清涼飲料 売上ランキング/2017年8月、「大塚 オロナミンC」が1位
果実飲料 売上ランキング/2017年8月、「キリン 世界のキッチンからソルティライチ」が1位
アイスクリーム 売上ランキング/2017年8月、「井村屋 BOXあずきバー」が1位
サントリー/茶、フレーバーウォーターの賞味期限「年月表示」に変更
ネスレ/「キットカット」抹茶味の新商品4品発売
赤城乳業/はちみつ、ビタミン、アミノ酸配合「ガリガリ君元気ドリンク味」
森永乳業/手軽に体をケアできる女性向け夜用ドリンク
森永乳業、森永製菓/乳飲料「ミルクココア」をコラボ
雪印メグミルク/ふんわりとろっとした食感「雪印コーヒー SHAKE アフォガート風味」
コカ・コーラ/「ヨーグルスタンド 希少糖の飲むヨーグルジー マンゴー&ストロベリー」発売
ケロッグ/子ども向けシリアル3製品と「ワンピース」がコラボ
アサヒ/華やかな香りとみずみずしい味わい「もぎたて まるごと搾りりんご」
ベビースターラーメン/台湾に初の海外生産拠点
資生堂/「マジョリカ マジョルカ」から生感ファンデーション
ニチレイフレッシュ、ニチレイバイオサイエンス/組織変更
衣料用洗剤 売上ランキング/2017年8月、「P&G アリエールイオンPジェルサイエンス」が1位
デザート・ヨーグルト 売上ランキング/2017年8月、「明治 ブルガリアヨーグルト」が1位
菓子 売上ランキング/2017年8月、「亀田製菓 亀田の柿の種」が1位