2016年11月9日
決算

明治/4~9月、営業利益11%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治が11月9日に発表した2017年3月期第2四半期の連結決算は、売上高6067億8900万円(前年同期比2.4%増)、営業利益373億2200万円(11.7%増)、経常利益360億7200万円(1.4%増)、純利益243億2100万円(26.6%減)となった。

食品セグメントの売り上げは、前年同期を上回った。発酵デイリー事業、その他事業は前年同期を上回りましたが、商品数の絞り込みを実施した加工食品事業、菓子事業、栄養事業はそれぞれ前年同期を下回った。 営業利益は、主力商品の伸長によりプロダクトミックスが改善し、生産効率化に加えて費用の効率的支出にも取り組んだ結果、大幅な増益を達成した。

医薬品セグメントの売上高は前年同期を下回った。2016年4月に実施された薬価改定の影響により国内医療用医薬品事業は前年同期を下回り、また生物産業事業も動物薬の減収により前年同期を下回った。営業損失は、13億1300万円(前年同期は49億49百万円の営業利益)。各事業の減収や、新薬普及活動強化による費用増に加え、2015年12月に締結した大鵬薬品工業とのライセンス契約に基づく一時金の支払いが大きく影響した。

2017年3月期通期の連結決算は、食品セグメントのプロダクトミックスの 改善などによる営業利益の大幅な増加を勘案したことにより、利益面を上方修正。売上高1兆2510億円(前期比2.2%増)、営業利益は前回予想比70億円増の815億円(4.8%増)、経常利益が58億円増の800億円(2.2%減)、純利益は25億円増の525億円(16.1%減)を見込んでいる。

関連記事

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年1月24日
サントリーHD/国内酒類事業強化のため新会社サントリーBWS設立、社長に鳥井信宏氏
サントリー食品/4月1日付の組織変更、「Group CEO室」を新設
ロッテ/厚いおもちで仕立てた「雪見だいふく黄金のみたらし 厚もち仕立て」
グリコ「ポッキー クリーミー」/「午後の紅茶いちごティー」と合わせるとショートケーキ味に
グリコ/「ジャイアントカプリコ 生ハムメロン風」がモーリーファンタジーの景品に
コカ・コーラ/長野県産手摘みぶどうエキスを加えた「い・ろ・は・す スパークリングぶどう」
リプトン/渋谷モディで紅茶にフルーツやハーブを入れて楽しむ期間限定スタンド
カルビー/オーストラリアの販売子会社が事業開始
キユーピー/白ぶどう酢などを使ったサラダ用調味料「フルーツビネガー」シリーズ
アヲハタ/シニアのパン食ターゲットの個食スプレッド「きなこ&沖縄県産黒糖」
ヤマサ/ふなっしーとコラボ、個食タイプのうどんめんつゆ「みんなであえ麺 すきやき味」
雪印メグミルク、ポッカ/北海道のソウルドリンクがコラボ「リボンナポリン カツゲン」
花王/汗かきさんにお勧め、殺菌作用が長く続く「ビオレ・メンズビオレ 薬用デオドラントZ」
東洋水産/ラードを加えた「日本うまいもん 旭川正油ラーメン」
日清食品/バレンタインラッピングが登場「世界でひとつだけのカップヌードル」
キリン/「チューハイ ビターズ レモンライム・グレープフルーツ・レモン」リニューアル
キッコーマン/リコピン1.5倍「デルモンテ リコピンリッチ ピザソース」
キッコーマン/「うちのごはん おそうざいの素 濃くあまトマトみそ炒め」発売
日清シスコ/焦がし砂糖を加えた、ほろ苦いキャラメル味「ココナッツサブレ 塩キャラメル」
クロレッツ/「バリバリ働く女性の実態調査」、ビール、チューハイを好むバリキャリ女子
ファミマ限定/ガトーショコラの最高峰「ケンズカフェ東京」監修「生ガトーショコラ」
ロクシタン/LINEフレンズコラボ第3弾「ホイップボディクリーム with CHOCO」
スチームクリーム/わちふぃーるどとコラボした「ベイビィダヤン・イン・ロンドン」缶
宝酒造/豊かで濃厚な甘み「直搾り 日本の農園から 山形産ラ・フランス」
宝酒造/数量限定「直搾り 世界のフルーツ便 イタリア産ベルガモット」
サントリー/ひとつ上の「伊右衛門」にリニューアル
サントリー「ボス」/「プレボス」第2弾、「レインボーマウンテンブレンド 今月のブレンド」発売
サントリー食品/2017年は「天然水」、「BOSS」、「伊右衛門」、「ウーロン茶」に重点
消費者庁/トクホに「コカ・コーラ プラス」など6品許可
不二家/神楽坂茶寮監修の抹茶味「カントリーマアム」、「ルック」、「ミルキー」
メーカーニュース公式Twitter
メーカーニュース 公式Twitter
  • メーカーニュース配信登録