2016年11月9日
決算

明治/4~9月、営業利益11%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治が11月9日に発表した2017年3月期第2四半期の連結決算は、売上高6067億8900万円(前年同期比2.4%増)、営業利益373億2200万円(11.7%増)、経常利益360億7200万円(1.4%増)、純利益243億2100万円(26.6%減)となった。

食品セグメントの売り上げは、前年同期を上回った。発酵デイリー事業、その他事業は前年同期を上回りましたが、商品数の絞り込みを実施した加工食品事業、菓子事業、栄養事業はそれぞれ前年同期を下回った。 営業利益は、主力商品の伸長によりプロダクトミックスが改善し、生産効率化に加えて費用の効率的支出にも取り組んだ結果、大幅な増益を達成した。

医薬品セグメントの売上高は前年同期を下回った。2016年4月に実施された薬価改定の影響により国内医療用医薬品事業は前年同期を下回り、また生物産業事業も動物薬の減収により前年同期を下回った。営業損失は、13億1300万円(前年同期は49億49百万円の営業利益)。各事業の減収や、新薬普及活動強化による費用増に加え、2015年12月に締結した大鵬薬品工業とのライセンス契約に基づく一時金の支払いが大きく影響した。

2017年3月期通期の連結決算は、食品セグメントのプロダクトミックスの 改善などによる営業利益の大幅な増加を勘案したことにより、利益面を上方修正。売上高1兆2510億円(前期比2.2%増)、営業利益は前回予想比70億円増の815億円(4.8%増)、経常利益が58億円増の800億円(2.2%減)、純利益は25億円増の525億円(16.1%減)を見込んでいる。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年3月24日
明治/果肉の食感が楽しめる「ブルガリアのむヨーグルト濃醇搾り白桃」
明治/大谷翔平選手が本気のトレーニング「ザバス」新CM
花王/赤ちゃんの肌研究から誕生「メリーズ」スキンケアシリーズ
キリン/「キリンの自信作」の先行試飲イベント参加者募集
日清オイリオ/久野貴久常務が社長に昇格
日清オイリオ/中計発表、2020年に営業利益130億円以上、ROE7%以上を目指す
ハウス/濃い目のレモンとはちみつの甘み「C1000 スイート レモネード」
グリコ/こどもの日に向け「ジャイアントカプリコ 青空ソーダ味」
グリコ/ひとくちサイズのフルーツチップス「果julia(カジュリア)レモン」
資生堂/「プリオール」から冷感BBスプレーとクールシャワー化粧水
森永製菓/関ジャニ∞が「チョコモナカ」と「バニラモナカ」対決CM
タカナシ乳業/ビタミンB1、B2を補える「カルシウム&ビタミンヨーグルト」
タカナシ/乳脂肪分4.0%以上の「コクっとミルク北海道4.0牛乳」
サントリー/「なっちゃん」ブランドの定番3商品を冷凍兼用に
ギャツビー/松田翔太さんがみやぞんさんに「直塗りデモンストレーション」する新CM
アサヒ/4月1日付でコーポレートコミュニケーション部を新設
ニッポンハムグループ/鉄分を補給できるマキベリー入り「パープルスムージー」
ユニ・チャーム/森永製菓と共同開発した犬専用のおっとっと
ユニ・チャーム/しめつけないはき心地で、モレをガードする夜用生理用ショーツ
敷島製パン/国産豆乳使用に変更「白い食卓ロール」リニューアル
芳香・消臭剤 売上ランキング/2017年2月、「小林製薬 液体ブルーレットおくだけ ミント」が1位
アルコール飲料 売上ランキング/2017年2月、「アサヒ スーパードライ」が1位
清涼飲料 売上ランキング/2017年2月、「大塚 オロナミンCドリンク」が1位
花王/夜のシャンプーで朝の寝ぐせを防ぐ「エッセンシャル スマートスタイル」
赤城乳業/10種の野菜と3種の果物を配合したグリーンスムージー味のガリガリ君
資生堂/「エリクシール」から夜塗るだけで美白&エイジングケアできるパック
資生堂/掛川工場メーキャップ製品の組立工程に、産業用人型ロボットを試験導入
サントリー/「サントリー烏龍茶」のブランドイメージを大幅に刷新
カルビー/阪急うめだ本店にジャガイモのプロがつくるコロッケ店
カルビー/阪急うめだ本店グランカルビーから春夏限定「ポテトビート」
メーカーニュース公式Twitter
メーカーニュース 公式Twitter
  • メーカーニュース配信登録