2016年11月9日
決算

明治/4~9月、営業利益11%増

明治が11月9日に発表した2017年3月期第2四半期の連結決算は、売上高6067億8900万円(前年同期比2.4%増)、営業利益373億2200万円(11.7%増)、経常利益360億7200万円(1.4%増)、純利益243億2100万円(26.6%減)となった。

食品セグメントの売り上げは、前年同期を上回った。発酵デイリー事業、その他事業は前年同期を上回りましたが、商品数の絞り込みを実施した加工食品事業、菓子事業、栄養事業はそれぞれ前年同期を下回った。 営業利益は、主力商品の伸長によりプロダクトミックスが改善し、生産効率化に加えて費用の効率的支出にも取り組んだ結果、大幅な増益を達成した。

医薬品セグメントの売上高は前年同期を下回った。2016年4月に実施された薬価改定の影響により国内医療用医薬品事業は前年同期を下回り、また生物産業事業も動物薬の減収により前年同期を下回った。営業損失は、13億1300万円(前年同期は49億49百万円の営業利益)。各事業の減収や、新薬普及活動強化による費用増に加え、2015年12月に締結した大鵬薬品工業とのライセンス契約に基づく一時金の支払いが大きく影響した。

2017年3月期通期の連結決算は、食品セグメントのプロダクトミックスの 改善などによる営業利益の大幅な増加を勘案したことにより、利益面を上方修正。売上高1兆2510億円(前期比2.2%増)、営業利益は前回予想比70億円増の815億円(4.8%増)、経常利益が58億円増の800億円(2.2%減)、純利益は25億円増の525億円(16.1%減)を見込んでいる。

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年5月26日
資生堂/「クレ・ド・ポー ボーテ」から3万円の最高級ファンデーション
資生堂/クレ・ド・ポー ボーテからシノワズリをテーマにした秋冬メークコレクション
東ハト/甘くないキャラメルコーン「ウラキャラコーン 濃厚チーズ味・濃厚ガーリック味」
東ハト/トマトの甘味とビーフの旨味「あみじゃが BBQソース味」
アサヒスーパードライCM/柴咲コウさん、松雪泰子さん、北川景子さんが着物姿で共演
アサヒ/「ニッカ」の名を冠した本格焼酎「ニッカ・ザ・麦焼酎」
森永製菓/Pico Sweetのスタンプ利用可能に「おかしプリント」リニューアル
農水省/脱脂粉乳の輸入枠3万4000トンに拡大、バターの輸入枠は維持
ポッカ/ストレスと疲労感を軽減する機能性表示食品の無糖炭酸飲料
永谷園/「おとなのふりかけ」とロフトがコラボし売り場を提案
ビオレ、メンズビオレ/発売3か月で「薬用デオドラントZ」出荷数量が330万個突破
ダイドーグループHD/1~4月、営業損失5300万円
日本製粉/7月1日出荷分より家庭用強力粉値上げ
猫フード 売上ランキング/2017年2月~4月、いなばペットフード「CIAO 焼かつお かつお節味」が1位
カルビー/「フルグラ」を中国で本格発売、越境ECサイト天猫国際と提携
伊藤園/1000円でぜいたくなひと時を演出する瓶入り「お~いお茶 氷水出し玉露」
伊藤園/思い出す力をサポートする機能性表示食品「イチョウ葉 青汁」
伊藤園/お茶の甘みが引き立つ「氷水出し 抹茶入り お~いお茶」
雪印メグミルク/杏仁ソース付き「栗原さんちのおすそわけ とろけるパンナコッタ」
雪印メグミルク/「カフェ・オ・レ」、「いちごオ・レ」をリニューアル
雪印メグミルク/糖分ひかえめ「Dole 糖分30%off アップル」
キリン/「ブルックリン ラガー」のびんを発売
キリン/タップ・マルシェに「常陸野ネストビール」を追加
明治/「カールチーズあじ」、「カールうすあじ」東日本での販売終了
日本マクドナルド/森永製菓とコラボ「マックフルーリー 森永ミルクキャラメル」
ネスプレッソ/ブランド初のアイスコーヒー専用カプセルコーヒー
敷島製パン/チーズ感いっぱいの「国産小麦の白いチーズパン」
敷島製パン/「PASCO SPECIAL SELECTION」から石窯づくりの食事パン
ジョージア/「パックマン」とのコラボゲームが楽しめる新サービス
岩下の新生姜/発売30周年記念「岩下の新生姜 わさビーフ味」を山芳製菓とコラボ