2015年9月11日
IT
海外
経営

ボーダフォン/アジア太平洋、中東、アフリカ地域の企業がM2M普及促進を牽引

ボーダフォンは9月8日、「2015年度版ボーダフォン M2M 普及状況調査レポート」を発表した。

M2M普及・利用に関するグローバル規模の調査で、普及率で35%を超えるアフリカ、中東、アジア太平洋(AMEAP)地域の企業が、テクノロジーの普及率でも世界の他地域を凌駕していることを報告している。

なお、M2Mのグローバル平均普及率は、27%。

M2Mテクノロジーへの認知が高まり、導入の加速に加えて、早期採用企業のほとんどで、M2M展開を通じてビジネスでの明確な価値と優位性を実感している。

調査対象企業の81%は、M2Mの利用を昨年よりも拡大し、59%の企業はM2Mへの投資に対して、高いROI(費用対効果)達成している。また83%は、M2M導入を企業の競争力向上の原動力になると認識している。

従業員5万人以上の組織のM2M普及率が、35%なのに対して、小規模中小企業(従業員数100~249人)の24%近くがM2Mを利用している。

グローバルな視点から見て、M2M利用でもっとも著しい成長を見せた業界は、小売業で、前年比88%増を記録した。小売企業は、店内でのデジタルサイネージとともに、新規の支払いサービス用のテクノロジーを、物流の運転効率のために利用している。

M2Mが医療の分野(47%増)や公益事業の分野(32%)で大幅に普及が進む一方、自動車産業でもM2Mはコアテクノロジーとして引き続き新型車の設計に組み込まれている。

いわゆる「コネクテッドカー」の生産が加速したこともあり、この分野でのM2M普及は前年比14%増となった。

Circle Researchによって実施されたこの調査では、新たに調査対象国が14か国から16か国に拡大され、今回初めて中小規模企業を調査対象として追加した。その結果、回答数が80%増加した。

■2015年度版ボーダフォン M2M普及状況調査レポートの日本語版
m2m.vodafone.com/japan

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年6月23日
ハウス食品/コンビニ限定「オー・ザック 旨わさび醤油味」
コーセー/エイジングケア化粧水「米肌 活潤リフト化粧水」
カルビー/阪急うめだ本店で「ポテトビート 黒蜜味・シークヮーサー味」発売
資生堂/「ベネフィーク」から自然なつや肌に仕上げるクッションファンデーション
資生堂/表参道で「SHISEIDO」新メイクアイテムを試せるポップアットストア
サッポロ/3つの祭り・4会場で「道産子感謝Day」ビヤフェスティバル開催
エノテカ/新光三越に台湾での旗艦店を開設
P&G/「レノア本格消臭スポーツ スプラッシュリリーの香り」発売
AGF/煎と一緒に食べたい和菓子を全国から募集
消費者庁/トクホなど食品表示の適正化に向け取締強化
クラシエ/「ねるねるねるね」を楽しく学べる「じっけんねるねる」
芳香・消臭剤 売上ランキング/2017年5月、「小林製薬 液体ブルーレットおくだけ ミント」が1位
アルコール飲料 売上ランキング/2017年5月、「アサヒ スーパードライ」が1位
清涼飲料 売上ランキング/2017年5月、「大塚 オロナミンCドリンク」が1位
森永乳業/原宿で「フォトジェニックなピノ体験」できる期間限定ショップ
湖池屋/スコーンをグレードアップさせた「スゴーン 海老まるごと・鶏炭火焼」
森永製菓/夏季限定パッケージ「冷やし甘酒 花火缶」、「甘酒 祭り缶」
ハーゲンダッツ/キャラメルとバニラの組み合わせ「キャラメルヴァニーユ」
ハウス/シリーズ最多のエキス配合「ウコンの力 レバープラス プラチナ」
カネボウ/新・骨格リメイクアイシャドウ「ケイト ブラウンシェードアイズ」
敷島製パン/冷やしてもおいしい「チョコミント蒸しケーキ」
敷島製パン/北海道十勝産小豆を使用「国産小麦のどら焼き」
アサヒ/食材のうまみ、甘みと調和する「クリアアサヒ 九州うまか仕込」第3弾
アサヒ/韓国・ソウルで「スーパードライ」を楽しめる期間限定バー
サッポロ/イタリアワイン自主回収、食品添加物の表示に誤り
ファンケル/より保湿力高めた「モイスチャーライン」リニューアル
常盤薬品工業/「眠眠打破」限定キン肉マンボトル
常盤薬品工業/「なめらか本舗」からハローキティとコラボしたスキンケア商品
コカ・コーラ/「い・ろ・は・す 塩れもん」異物混入で、31万本自主回収
食器用・台所用洗剤 売上ランキング/2017年5月、「花王 キッチンハイター」が1位