2015年9月11日
IT
海外
経営

ボーダフォン/アジア太平洋、中東、アフリカ地域の企業がM2M普及促進を牽引

ボーダフォンは9月8日、「2015年度版ボーダフォン M2M 普及状況調査レポート」を発表した。

M2M普及・利用に関するグローバル規模の調査で、普及率で35%を超えるアフリカ、中東、アジア太平洋(AMEAP)地域の企業が、テクノロジーの普及率でも世界の他地域を凌駕していることを報告している。

なお、M2Mのグローバル平均普及率は、27%。

M2Mテクノロジーへの認知が高まり、導入の加速に加えて、早期採用企業のほとんどで、M2M展開を通じてビジネスでの明確な価値と優位性を実感している。

調査対象企業の81%は、M2Mの利用を昨年よりも拡大し、59%の企業はM2Mへの投資に対して、高いROI(費用対効果)達成している。また83%は、M2M導入を企業の競争力向上の原動力になると認識している。

従業員5万人以上の組織のM2M普及率が、35%なのに対して、小規模中小企業(従業員数100~249人)の24%近くがM2Mを利用している。

グローバルな視点から見て、M2M利用でもっとも著しい成長を見せた業界は、小売業で、前年比88%増を記録した。小売企業は、店内でのデジタルサイネージとともに、新規の支払いサービス用のテクノロジーを、物流の運転効率のために利用している。

M2Mが医療の分野(47%増)や公益事業の分野(32%)で大幅に普及が進む一方、自動車産業でもM2Mはコアテクノロジーとして引き続き新型車の設計に組み込まれている。

いわゆる「コネクテッドカー」の生産が加速したこともあり、この分野でのM2M普及は前年比14%増となった。

Circle Researchによって実施されたこの調査では、新たに調査対象国が14か国から16か国に拡大され、今回初めて中小規模企業を調査対象として追加した。その結果、回答数が80%増加した。

■2015年度版ボーダフォン M2M普及状況調査レポートの日本語版
m2m.vodafone.com/japan

最新メーカーニュース

バックナンバー

2017年5月26日
日本製粉/7月1日出荷分より家庭用強力粉値上げ
猫フード 売上ランキング/2017年2月~4月、いなばペットフード「CIAO 焼かつお かつお節味」が1位
カルビー/「フルグラ」を中国で本格発売、越境ECサイト天猫国際と提携
伊藤園/1000円でぜいたくなひと時を演出する瓶入り「お~いお茶 氷水出し玉露」
伊藤園/思い出す力をサポートする機能性表示食品「イチョウ葉 青汁」
伊藤園/お茶の甘みが引き立つ「氷水出し 抹茶入り お~いお茶」
雪印メグミルク/杏仁ソース付き「栗原さんちのおすそわけ とろけるパンナコッタ」
雪印メグミルク/「カフェ・オ・レ」、「いちごオ・レ」をリニューアル
雪印メグミルク/糖分ひかえめ「Dole 糖分30%off アップル」
キリン/「ブルックリン ラガー」のびんを発売
キリン/タップ・マルシェに「常陸野ネストビール」を追加
明治/「カールチーズあじ」、「カールうすあじ」東日本での販売終了
日本マクドナルド/森永製菓とコラボ「マックフルーリー 森永ミルクキャラメル」
ネスプレッソ/ブランド初のアイスコーヒー専用カプセルコーヒー
敷島製パン/チーズ感いっぱいの「国産小麦の白いチーズパン」
敷島製パン/「PASCO SPECIAL SELECTION」から石窯づくりの食事パン
ジョージア/「パックマン」とのコラボゲームが楽しめる新サービス
岩下の新生姜/発売30周年記念「岩下の新生姜 わさビーフ味」を山芳製菓とコラボ
常盤薬品/ストレスを感じやすい20~30代男性にリラックス&ポジティブ飲料
制汗防臭剤 売上ランキング/2017年2月~4月、シービック「デオナチュレ ソフトストーンW」が1位
明治/ロカボでおいしいカフェラテ、フルーツラテ、カスタードプリンを発売
サントリー、カルビー/ボス ラテベースとフルグラがコラボ、手軽でおしゃれな朝食提案
カルビー/フルグラからドライフルーツを使わないプレーン味のグラノーラ「マイグラ」
森永乳業/「濃密ギリシャヨーグルト パルテノ Dolce ピュアパッションソース付」発売
湖池屋/「KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛」販売を再開
亀田製菓/「ソフトサラダ」に金属線が混入
アサヒ/「十六茶」から全国7地域のし好を生かした「ご当地素材ブレンド」
アサヒ/ほんのり塩味と炭酸感「三ツ矢 塩キャンディ アソート」
サッポロ/ほっこり猫動画のQRコード付き「キレートレモンサワー ストロング」
サッポロ/父の日やプレゼントに「エビスビール 冷やすと変わるデザイン缶」